おみくじ 67番 凶の意味

67番・凶は第7位中、第7位(最下位)の順位です。

おみくじ67番凶の内容

枯木未生枝 枯木未だ枝を生ぜず
独歩上雲岐 独歩、雲岐うんきに上る
豈知身未穏 あに知らんや、未だ身の穏やかならざるを
独自惹閑非 独りみずか閑非かんぴ

おみくじ67番凶の意味

冬枯れの木にまだ春は来ない。
しかし時期がきたと思いこんで一人大空へ昇ってしまった。
どうしてまだ身の不運は去っていないのに気づかないのか。
一人で鬱々と過ちを悔やむことになるだろう。

おみくじ67番凶の解釈

苦労をした上に、チャンスを見誤るでしょう。
人にも迷惑をかける恐れがあります。
身を慎みましょう。

おみくじ67番凶の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.