おみくじ 66番 凶の意味

66番・凶は第7位中、第7位(最下位)の順位です。

おみくじ66番凶の内容

水滞少波濤 とどこおりて波濤はとう少なく
飛鴻落羽毛 飛鴻、羽毛を落す
重憂心緒乱 憂いを重ねて心緒しんちょ乱れ
閑事惹風騒 閑事かんじ風騒ふうそう

おみくじ66番凶の意味

水がよどんで波が立たず、飛んでいる鴻雁も羽を落とす。
こんな不運が続いて心が乱れるなら、折々に詩文に思いを託して運が開けるのを待つのがいい。

おみくじ66番凶の解釈

運勢が悪く、考えに迷いが出るでしょう。
詩歌などに思いをぶつけてストレスを発散し、チャンスを待ちましょう。

おみくじ66番凶の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.