おみくじ 49番 吉の意味

49番・吉は第7位中、第2位の順位です。

おみくじ49番吉の内容

正好中秋月 まさに好し、中秋の月
蟾蜍皎潔間 蟾蜍せんじょ皎潔こうけつの間
暗雲知何処 暗雲いずれの処なるかを知らんや
故故両相攀 故々ふたつながら相

おみくじ49番吉の意味

中秋の名月が見事に輝いている。
その皓々たる光を放つ月にはガマガエルが棲んでいる。
(古代中国の伝説では、月にはウサギとガマガエルが棲んでいるといわれていた。その伝説が日本に伝わると、ウサギだけが月に棲んでいるものとされた)
夜空には黒い雲の影はなく澄み渡っている。
月の中では桂花の木(月に生えているといわれる伝説の木)にウサギとガマガエルがよじ登って遊んでいる。
ウサギとガマガエルはともに月に棲む古くからの友人同士である。

おみくじ49番吉の解釈

日本のみくじ本においては運勢は吉と書かれていますが、中国では「暗くて不明瞭」とされ凶に近いおみくじです。
身を慎んで行動しましょう。

おみくじ49番吉の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.