おみくじ 100番 凶の意味

100番・凶は第7位中、第7位(最下位)の順位です。

おみくじ100番凶の内容

禄走白雲間 禄は白運の間を走り
携琴過遠山 琴を携えて遠山を過ぐ
不遇神仙面 神仙の面に遇わずして
空惹意瓓珊 空しく意をいて、瓓珊らんさんたり

おみくじ100番凶の意味

財産も白雲の間に走り去って無一文になり、隠者の印の琴を持って深い山に入った。
しかし仙人には会えず、むなしく心を悩ませてさらに迷うばかりである。
(隠者=俗世間の交わりや名誉を捨て、隠れるような暮しに安らぎを得る人)
(瓓珊=まだらもよう)

おみくじ100番凶の解釈

心配事に心を悩ませても解決しないでしょう。

おみくじ100番凶の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.