おみくじ 46番 凶の意味

46番・凶は第7位中、第7位(最下位)の順位です。

おみくじ46番凶の内容

雷発震天昏 雷発し、天にふるってくら
佳人独掩門 佳人独り門をおお
交加文書上 文書の上に交加こうか
無事也邅迍 事無くして也邅迍またてんちゅん

おみくじ46番凶の意味

突然雷が鳴って、空が暗くなってきた。
女が一人、門を閉じて恐れおののいている。
文書の上で厄介な問題が起きて、今までは無事だったのに悩み(=邅迍)ができてしまった。

おみくじ46番凶の解釈

急に雷が鳴って空が暗くなるように、突然家庭内に不和が起こる予兆があります。

おみくじ46番凶の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.