おみくじ 37番 末吉の意味

37番・末吉は第7位中、第5位の順位です。

おみくじ37番末吉の内容

陰靉未能通 陰靉いんあいいまだ通ずるあたわず
求名亦未逢 名を求めてまた未だ逢わず
幸然須有変 幸然こうぜんすべからく変有るべし
一箭中双鴻 一箭双鴻そうこうに中る

おみくじ37番末吉の意味

雲が暗く垂れこめて日の光がささない。
名を上げようとしても運が開けない。
しかしやがて思いがけない時に幸運がやってきて、一本の矢(=箭)で二羽の鳥を射落とすようなことが起こる。

おみくじ37番末吉の解釈

はじめは報われないけれども、やがて思いがけず幸運がやってくるでしょう。

おみくじ37番末吉の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.