おみくじ 3番 凶の意味

3番・凶は第7位中、第7位(最下位)の順位です。

おみくじ3番凶の内容

愁悩損忠良 愁悩忠良を損ず
青霄一烓香 青霄一烓せいしょういっしゅの香
雖然防小過 しかりといえども小過を防げ
閑慮覚時長 閑慮かんりょ時の長きを覚ゆ

おみくじ3番凶の意味

煩悩に心を乱していると、真心をだいなしにしてしまうこともある。
青空に1本の線香をたいてもなんの役にも立たない。
しかし、とはいっても身の回りの小さな過ちは防げ。
そして我慢をして時を待て。

おみくじ3番凶の解釈

この3番の凶のおみくじを引く人は、なにごとも思い通りにいきません。
しかし自暴自棄にならず、じっと我慢してチャンスを待ちましょう。

おみくじ3番凶の関連リンク

漢詩おみくじの見方ポイント
おみくじの見方

おみくじには大きく分けて「お寺の漢詩おみくじ」、「神社の和歌おみくじ」の2つがあります。 (それ以外のおみくじもありますが、ここでは省略します) 代表的なおみくじの見方について説明します。 漢詩おみく ...

続きを見る

更新日:

Copyright© おみくじガイド , 2020 All Rights Reserved.